トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日根野高等学校同窓会会則


日根野高等学校同窓会会則.pdf(1101)


大阪府立日根野高等学校同窓会 会則

 第1章 総則

第1条(名称)

本会は、大阪府立日根野高等学校同窓会と称し、本部を同校内に置く。

第2条(目的)

本会は、会員各自が積極的に同窓会活動に参加・行動することにより、会員相互の親睦を図り、同校の発展に寄与することを目的とする。

第3条(事業)

本会の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 総会・その他会合の開催。
  2. 会員名簿・会誌の発行。
  3. 母校の教育事業の後援。
  4. 本会の目的達成のために必要な事業及び、活動等。
  5. WEBサイトの運営。

 第2章 組織

第4条(会員及び義務)

本会は次の会員を持って構成する。

  1. 正会員   母校卒業生及び、在学中に転校等をした者で、役員会が承認した者。
  2. 特別会員  母校の教職員及び、旧教職員。
  3. 名誉会員  本会のために功労のあった者で、総会で承認された者。本会は会員の義務を次のように定める。
    • 会員は、住所・氏名・電話番号などを変更した場合、直ちに本会に通知するものとする。

第5条(役員及び任務)

  • 職務  各役員の職務は次のように置く。
  1. 名誉会長(1名)   母校校長とし、重要会務の相談に応じる。
  2. 会  長(1名)   本会を代表し会務を処理する。又、役員会、代表幹事会、幹事会及び、総会を召集し、本会の運営に当たる。
  3. 副会長 (2名)   会長を補佐し、必要なときは会長の職務を代行する。
  4. 書  記(2名)   本会の決定事項等の記録、公式の議事録の作成及び、管理。
  5. 会  計(2名)   本会の財産を管理し、その収支を明確に記録する。
  6. 会計監査(2名)   本会の予算の執行、収支等が適切かどうかを管理する。
  7. 顧  問(若干名)  母校教職員の中から、会長が委嘱。本会の相談に応じる。
  8. 代表幹事(各期2名) 同窓会活動をとりまとめると共に、本会の活動の中心となる。
  9. 各期幹事(各組2名) 代表幹事と共に、同窓会活動の中心となる。又、会員の希望、意見、住所変更等を集約し、幹事会等を通じて本会の活動に積極的に参加する。必要なときは、各期代表幹事の委嘱を受け、その職務を代行する。
  10. 運営委員(若干名)会員の中から会長が委嘱。会務の執行を助ける。
    • 選出  役員2〜6は、代表幹事会の承認を経て、総会で選出する。任期は2年とし、再選を妨げない。各期幹事は3年次の各組より2名を選出、その中より互選により代表幹事を2名選出する。

 第3章 機関

第6条(機関及び運営)

  • 本会は次の機関を置く。
  1. 役 員 会  会長・副会長・書記・会計で構成する。
  2. 代表幹事会  各期代表幹事で構成する。代表幹事が出席できないときは、幹事の代理出席を認める。
  3. 幹 事 会  幹事全員で構成する。
  4. 各期幹事会  各期幹事で構成する。
  5. 総   会  会員で構成する。
  6. 同 期 会  同期生で構成する。
  • 各機関の運営は次の通りとする。
  1. 役 員 会  随時、必要に応じて開催する。会長の諮問に応じ、本会の基本方針・役員人事・規約改正・事業計画・予算・決算等・総会にはかる原案を作成する。
  2. 代表幹事会  役員会と共に本会の活動の中心となる。年に数回、総会の前等、必要に応じて開催する。
  3. 幹 事 会  随時、必要に応じて開催する。
  4. 各期幹事会  随時、必要に応じて開催する。
  5. 総   会  本会の最高議決機関であり、毎年11月3日に開催する。また、必要に応じ、役員会の決定により臨時総会を開くことができる。
  6. 同 期 会  随時開催し、本会の目的に添って、独自の活動を行う。
    • ※機関の議決等は、出席者の多数決による。
    • ※各機関の開催案内は、WEBサイト上での広報を基本とする。
    • ※WEBサイトアドレスは次の通り。

 第4章 会計

第7条(経費)

  1. 本会の経費は、入会金・年会費・寄付金・事業収入・その他の収入でまかなう。
  2. 本会正会員は入会金として、卒業時に4,000円を納入する。
  3. 納めた会費は還付しない。必要があるときは、寄付金を募ることができる。

第8条(会計報告

  1. 本会会計年度は4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。
  2. 会計報告は定期総会にて行う。

 付則

本会則は、代表幹事会で審議し、総会の決定により改正する。

本会則は、1990年2月25日より施行

1995年10月21日改正

1996年8月23日改正

2002年11月3日改正